「心肺蘇生法とAEDの取扱い方法」を実施しました

9月1日(金)の防災の日、恒例の応急手当研修会をさいたま市消防局救急課の職員さんのご指導により実施いたしました。

介護士、ケアマネなど20名が参加し、救急隊を待つ間を想定し、人形を使い心肺蘇生法として、気道の確保や、人工呼吸について、次にAEDの使用方法について実践しました。

実際には不安が多いと思いますが研修を通じてちょっとした「勇気」「技術」を教わることができました。

DSC05298

DSC05306

DSC05308