デイサービスの敬老お祝いの会を行ないました。

9月21日(水)に、尚和園デイサービスで「敬老お祝いの会」を行い、利用者の皆さんと職員が一緒になり手作りの楽しく大笑いの会となりました。

職員も変装してユニークな演し物を次々と発表し、利用者から大喝采!!

思い出に残る敬老会でした。

 

箱根八里の利根次郎で熱唱

箱根八里の利根次郎で熱唱

坂本冬美に変身して発表

坂本冬美に変身して発表

RUN伴TOMO-RROW2016

9月18日(日)、RUN伴TOMO-RROW2016(ラントモロー2016)の中継点として尚和園でタスキの引継が行われました。

「認知症になっても安心して暮らしていける町」をつくるという目的に向ってオレンジ色のランナーが久喜~大宮~品川へと沿道を走りました。

当日は雨模様でしたが、ランナーが来られた時は雨もあがり、会話もはずみ楽しいひとときを過ごしました。

尚和園正面玄関にて

尚和園正面玄関にて

敬老の日をお祝いする行事を行いました

尚和園では、敬老の日を中心に様々な行事で利用者のご長寿をお祝いしています。

養護・特養では、恒例の敬老式典を行い、利用者の皆様に地元の原山地区社協様や、市内の事業所様、尚和園からお祝いの品をお贈りしました。

現在、100歳を超える方が7名いらっしゃいまして、お元気に過ごされています。

 

理事長からの贈呈

理事長からの贈呈

利用者代表あいさつ

利用者代表あいさつ

 

 

年輪荘創作作品展 開催

今年も一年の集大成、年輪荘創作作品展を開催します。

日時は 9月13日(火)~19日(祝)  午前8時30分~午後5時

会場は 年輪荘1階ロビー&会議室 です。

養護老人ホームとデイサービスの利用者、職員やボランティアさんが製作した様々な作品(絵画・陶芸・手工芸・書・写真など)の展示会となっています。

今年は280点の作品が集まりました。

今年のテーマは「笑顔」。

テーマに沿った合同作品はもちろん、個々の豊かな発想で作られた個別の作品がたくさんあり見応え十分です。

力作ぞろいですので、ぜひお気軽に見に来てください。お待ちしてます!!

<実はテレビの取材も!>

ケーブルテレビのジェイコムさいたまさんが、去年に続き今年もテレビの取材に来てくださいました!

(9月13日放送の地域ニュースで放映されました)

「ジェイコムさいたま賞」の受賞者のインタビューもありました。

ジェイコムのインタビュー

ドキドキのインタビュー風景

参考に今年の作品の一部を紹介します。※ほんの一部です。

(写真をクリックで拡大)

作品の様子

作品展の様子1

作品展の様子

作品展の様子2

作品展の様子

作品展の様子3

 

「心肺蘇生法とAEDの取扱い方法」を実施しました

9月2日(金)今年度第3回の職員研修を実施しました。

 

さいたま市消防局救急課の職員に講師をお願いし、「心肺蘇生法とAEDの取扱い方法」について、実技を中心に1時間実施しました。

新館の広い1Fロビーを会場に、人形12体を使い、心肺蘇生法やAEDの使用方法を細かく教えていただきました。

-消防救急隊を待つ間に救命処置を行うと、助かる可能性が2倍になると言われています。

ちょっとした「勇気」と「技術」を身につけるために、職員は真剣そのものでした。

くり返しの学習がとても大切と体で感じた研修でした-

dsc04111

心肺蘇生・胸骨圧迫の実施

dsc04120

AEDの使用法